スポンサード リンク

12月1日は映画の日ですね。
そこで今回は、映画の日について少しまとめてみました。

 

映画の日とは

映画の人は、1956年に、日本映画連合会が決定し、始めた記念日で、
この日は、様々な記念式典、トークショーなどのイベント、
また映画館の割引サービスが行われています。

 

映画の日=毎月1日ではありませんが・・・

映画の日というと、毎月1日というイメージがありますが、
実は、正式には12月1日のみです。

ただ、毎月1日に、入場料金が一律1,000円となるようになった
きっかけは、やはり12月1日の映画の日です。

元々、12月1日に劇場の半額サービスや無料パスの進呈などを行っていましたが、
そこから、映画サービスが広がります。

途中に、1月1日と、3月、6月、9月の第1水曜日の入場料金を下げるという
映画ファン感謝デーというプロセスを経て、
現在の毎月1日は1,000円という
サービスが定着するようになってきました。
(ただし、地域によって割引料金は違ってきます)

 

割引サービスの種類

ここで、一般的に映画館の割引サービスをまとめておきます。

 

大人は1,800円ですが、まず年齢による割引サービスが以下のようにあります。
幼児、小学生、中学生、そしてシニアは1,000円
高校生、大学生は、1,500円

特定の日が、割引になるということで、一番一般的なのは、やはり
毎月1日に行われる映画サービスデーです。

それ以外に、全国区で有名なのは、
夫婦50割引
(夫婦のうち、どちらかが50歳以上であれば、二人で2,000円になる)
ハンディキャップ割引(障害を持った方は、基本的に1,000円)
というものがあります。

 

その他の割引サービスとなると、映画館や地域によって、異なってきます。
次の有名なのは、レディースデーで、
基本的には、水曜日になっているところが多いです。
それに対抗しているのがメンズデーですが、あまり普及はしていません。

あと、チケットショップでよく見かけるのが、株主優待券ですね。

ただし、株主優待券は、割引率が低かったり、
観られる劇場が限られているというデメリットがあります。

 

それ以外にもいろいろありますが、
なかなか全国区になるほど広まってはいないので、
映画館のサイトなどで個別に確認という形になります。

 

チケットショップも利用してみよう

ちなみに、私が映画を観に行く時は、チケットショップを利用していましたし、
この方法は個人的にオススメです。
チケットショップであれば、
大人1,300円、子供800円ぐらいでチケットが買えます。

毎月1日の映画サービスデーなどを利用出来れば良いのですが、
やはり、日にちを合わせるのが大変ですよね。

 

通常の割引デーよりは、若干高くなるかもしれませんが、
それでも、いつでも行けるし、家族で行くとなるとやっぱりお得感があります。

 

日本の映画代は世界一高い!?

ちなみにお隣の韓国では、
映画代金は、基本的に、
7,000ウォン~8,000ウォン(640円~730円)です。
さらに早朝に行けば、5,000ウォン(450円)となります。
つまり、日本から見ると、いつでも格安という感じになるわけですね^^

 

そうなると、どうなると思いますか・・・

 

日本のTSTAYAというレンタルDVDという業界は、まったく儲からないので、
韓国のレンタルDVDは、本当に寂れています^^

 

映画は、やっぱり劇場で見るのが一番だと思います。
私がアメリカにいた時も、映画代金は、7~8ドルぐらいでしたし、
日本の映画代金は、世界一高いという話もあります。

 

映画サービスデーは毎月1回とか言わないで、毎週1回ぐらいにしちゃって、
映画が大好きな人をもっと増やしてもいいんじゃないかと思うんですけどねえ。

スポンサードリンク