スポンサード リンク

今年、我が家では、梅シロップを作っています。

今までは、田舎で作ってもらったのものを
送ってもらっていたのですが、
今年は、チャレンジしてみることにしました!

(ちなみに、私は韓国に住んでいるので、
少し韓国風になっているかもしれません)

梅シロップの作り方、瓶はどうする?

ここで簡単に梅シロップの作り方を説明していきます。

1. 青梅と砂糖、そして瓶を準備する

青梅と砂糖の割合は、1:1です。
我が家の場合は、青梅10kgを買ったので、
砂糖も10kg準備しました。

IMG_2654

砂糖についてですが、
普通の白砂糖よりは、氷砂糖の方が良い
言われています。

その理由は、氷砂糖の方が、溶けやすいからです。

なぜ、溶けやすい方が良いのかというと、
砂糖と梅の間に糖度の差があった方が、梅のエキスが、
浸透圧の関係で外に出やすくなるからとのこと。

また白砂糖よりは、茶色の砂糖の方が良いそうです。

でも、我が家は、今回は普通の白砂糖を使っちゃいました。

まあ、白砂糖でも大丈夫と言えば、
大丈夫ということです^^;

 

あと保存容器ですが、ガラスの瓶だと高かったので、
我が家は、プラスチック瓶にしました。

(本当は、プラスチックよりガラスの方がいいんですけど)

瓶の大きさは、10kgの梅、10kgの砂糖に対して、
20kgの瓶にしたら、ぴったり収まったという感じです!

 

2. 瓶の殺菌をしっかり行なう。

梅シロップは、基本的に腐らないものですが、
瓶の消毒は、事前にしっかり行っておく必要があります。

ただ、プラスチック瓶の場合は、
かなり大きいですし、煮沸するのが難しいので、
熱いお湯を入れて、殺菌し、その後、
しっかり乾かすようにします。

 

3. 青梅のヘタを取る

青梅には、ヘタが付いていますが、
それは、竹串などを使って取るようにします。

その方が、味が、さわやかになるからです。

 

4. 青梅と砂糖を交互に入れていく。

青梅と砂糖を入れる際は、

青梅→砂糖→青梅→砂糖

交互に順番に入れていきます。

IMG_2656

 

5.冷暗所に保存して、 時々、かき混ぜる

容器に、梅と砂糖を入れたら、冷暗所に置いておきます。

冷蔵庫ではなく、冷暗所においておく理由は、
梅は、低温より常温の方が、エキスが出づらくなり、
砂糖も、低温より常温の方が、溶けやすくなる
からです。

でも、普通においておくと、
溶けない砂糖が、下に沈殿してきます。

IMG_2709

しかし、これでは、梅のエキスがしっかり出てこないので、
揺らしたりして、かき混ぜるようにします。

ただ、揺らすだけでは、なかなか溶けなかったので、
我が家の場合は、ビニールを手袋がわりにして、
手を入れて、時々、グルグルかき混ぜました。

 

6. 3ヶ月で梅シロップの完成!

3ヶ月ぐらいおいておけば、梅シロップの完成です。
梅シロップが出来たら、青梅を出します。

3ヶ月かけた方が良いのは、その方が毒素が出るからです。

 

保存はどれくらい出来る?

青梅を出した後は、冷蔵庫で保存します。

保存期間に関しては、基本的には、
かなり長い間持つのですが、
通常は、1年間ぐらいで飲み切るようになります。

梅シロップは、作る過程で
消毒などをしっかり行っておけば、
そんなに腐る心配はしなくて
大丈夫な感じですね!

 

梅シロップで健康になろう!

梅シロップは、いろいろな効果があります。

疲労回復
胃や肝臓を守ってくれる
整腸作用があるので、便秘にも良い

作るのに時間は掛かりますが、その分、
出来た時の楽しみも大きくなるもの!

今年は、梅シロップで、しっかり健康になろうと思います^^

スポンサードリンク