スポンサード リンク

お中元のシーズンを迎えたら、
日頃、お世話になっている方々に対して、
しっかりとお礼の気持ちを迎えていきたいものですよね。

そこで、今回は、お中元のマナーについて
コンパクトに内容をまとめてみました。

時期について

お中元を渡す時期は、地域によって違ってきます。
その件に関しては、こちらに記事でもまとめていますが、
簡単にまとめると

関東では、7月初め~7月15日まで
関西では、7月中旬~8月15日まで
でも、最近は、7月上旬から15日までに
贈るのが一般的

という感じになってきます。

つまり、迷ったら、
7月上旬~15日までに贈るのが無難
ということになります。

 

どういった方へ贈るのが良いか?

では、誰に送るのかということですが、
具体的には、

両親(同居していたら、必要ないですが^^;)
親戚
会社の上司
友人、知人
恩師
仲人
子供のお稽古ごとの先生(ただし学校の先生はNG)

という観点からリストアップしてみましょう。

簡単に言ってしまえば、
お世話になっている方(なった方)
ということですね。

 

金額的には、どくらいが相場、品物は?

一般的な相場は、3,000~5,000円と言われています。

あとは、お世話になった度合で前後する
とうい感じになります。

またどんな品物にするかは、

季節感のあるもの(そうめん、ゼリー、清涼飲料、ビールなど)
安全で安心な物(お米)
実用的なもの(洗剤や調理油など)
地域の名産品(地元のおいしい果物など)
家族で喜ばれるもの(ハム、ソーセージ、お菓子など)

という観点でいろいろ選んで下さい。

ただ、一般的に喜ばれるものも大切ですが、
先方の家族構成や好みなども考えながら、
送ることが大切です。

何よりも相手の立場を思いやることがポイントです。

のしはどうする?

のしの水引き(帯紐のこと)は、
紅白の蝶結びのものを使います。

(蝶結びは、何度もあっても良いことを意味します)

上段には、「御中元」または「お中元」
下段に名前を入れる場合は、渡す人の苗字かフルネーム
を書きます。

chugen

また、外のしにするか内のしにするか
迷う方も多いかと思います。

基本的には、
持参して渡す場合⇒外のし(包装紙の外にのしを付ける)
宅配する場合⇒内のし(包装紙の中にのしを付ける)
という感じになります。

宅配する場合は、いろいろな人が見ちゃいますし、
汚れてしまう場合がありますからね^^

 

ただし、送る時期が遅れてしまった場合は、

7月15日以降であれば、
「暑中御見舞い」(目上の方であれば「暑中御伺い」)

8月7日以降は、
「残暑御見舞い」(目上の方であれば「残暑御伺い」)

という感じになります。

ただし、関西であれば、8月15日までは、「お中元」
8月15日以降は、「残暑御見舞い(残暑御伺い)」
となります。

 

どうやって渡すか?

渡し方のマナーは、持参する場合と、宅配便で送る場合の
二通りに分かれます。

持参する場合は、

1. 食事時はさける
2. 風呂敷か紙袋に入れて持参
3. 挨拶をしてから風呂敷か紙袋からお中元の品物を出す
4. 相手が、のしの文字を読める方向で渡す

という感じになります。

宅配便などで送る場合は、
お世話になった方には、送り状を同封するか、
別々に送る場合は、品物よりも早く送り状が
届くようにしましょう。

 

喪中の時は?

喪中の場合であったとしても、
お中元は、上げたりもらったりしても
差し支えはありません。

ただし、亡くなってから49日前など、まだ悲しみが
癒えていない間は、避けるようにして、そのような場合は、
時期をずらして、無地のしでお渡しするようにしましょう。

 

せっかくのお中元もマナーを
無視てしまっては、せっかくの感謝の気持ちも
うまく伝わらなくなってしまうもの。

マナーをしっかり押さえて、
是非、たくさんの方に喜んで頂きながら、
良い関係を築いていって下さいね!

スポンサードリンク