スポンサード リンク

親しい方への贈り物と言えば、
基本的には、年に2回ありますね。

お中元とお歳暮です。

 

ところで、この2つのイベントには、
どういった違いがあるのでしょうか?

ちょっと、俗っぽい表現をすれば、
どっちのの方が大切なんでしょうか?

いろいろとまとめてみました。

まずは基本から

どちらも贈り物をする行事ですが、

お中元は、地方によっても多少違いますが、
7月初めから7月15日頃までに贈るのが、
一般的になっています。

(関西では、7月中旬~8月15日頃ですが、
最近は、あまり差がなくなってきているという話もあります)

 

それに対して、お歳暮は、
12月上旬~12月20日頃までに贈るのが
一般的です。

’(こちらも地方によって、多少違いがあります)

 

中国の伝統も混ざっているお中元

次に、起源を見てみると、お中元と全然違います。

お中元は、中国の三元
(上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日))
という節目の中の中元に起源があり、
そこに日本のお盆の行事が結びついて出来た行事です。

 

それに対して、お歳暮は、日本で始まった行事です。

御霊祭り(みたままつり)という日本で一番古いお祭りの
お供えものとして、始まったと言われています。
(いろいろ諸説はあるようです)

 

贈る品物は、どう変わってくる?

お中元は、いわゆる夏の贈り物です。

暑い季節を健康に乗り切っていけますように
という願いを込めて送られるケースが多いです。

ですから、
涼しさを感じられる冷たいもの(ビールやそうめんなど)
スタミナをつけられるもの(お肉とか)
体調を整えられるもの(果物とか)
などを贈ると良いでしょう。

 

それに対して、お歳暮は、冬の贈り物です。

寒い冬を暖かく健康に過ごして欲しい
という願いを込めて、贈りものをするようになります。

ですから、
体が芯から温まるようなワインなどのお酒類や、
ハムとかカニ
などを贈ると喜ばれます。

 

のしは、どう違う?

贈り物を送る場合ののしは、どう違うのでしょうか?

お中元は、御中元
お歳暮は、御歳暮

ここまでは、当たり前ですが、
どちらも、紅白の蝶結びで、これは同じです。

つまり、どちらも、めでたく何度あっても良いことなどで、
このようなのしを使います。

 

どちらか選ぶと言われたら・・・

ここで、ちょっといじわるな質問ですが、
お中元とお歳暮、どちらかを選ぶかと聞かれたら、
あなたは、どう答えますか?

その答えは・・・・

 

一般的には、お中元よりお歳暮を優先させる方が多いようです。

その理由は、
お中元は、1年の真ん中で、お世話になっている方へ
贈り物をおくるのに対し、

お歳暮は、1年の最後の締めくくりとして、
お世話になった方へ、感謝の気持ちを込めて贈るものだからです。

 

「終わりよければ、すべて良し」
とも言われるように、やっぱり、最後のご挨拶の方が「
大切ですよね。

なので、お歳暮の方が、お中元の時に比べると、
より高い品物を選んだり、よりたくさんの方へ贈り物をする方が
多いとのことです。

実際、お中元よりもお歳暮の方を2~3割ぐらい高めにしている
方が多いという話もあります。

 

 

ただ、もちろん、お中元も重要と言えば重要ですから、感覚的には、
お中元は、少し軽めに、お歳暮は、ズドーン
という感じでしょうか(笑

 

いずれにせよ、贈り物をすることによって、
人間関係をより深め、より豊かにしていくことが出来ますから、
是非、どちらも大切な機会として有効に活用していって下さい!

スポンサードリンク