スポンサード リンク

最近は、女性が働く環境も、
だいぶ整いつつと言われる一方、
やっぱり産休を取る時は、心配だったりしますよね。

産休をきっかけに会社との関係が
ギクシャクしないか不安に思ってしまったり・・・

そこで、産休は、いつからもらえるものなのか?
一般的にはどんな感じなのか、まとめてみました。

 

実は法律で決まっている

産休というのは、会社が独自に設定しているものではなく、
実は、労働基準法の第65条で決まっています。

それによると、

出産前:出産予定日の6週間
(※ただし、双子以上の出産の場合は、14週間)
出産後:出産日の翌日から8週間

取れるようになっています。

つまり、法律で決められているので、
たとえ、会社の就業規則で産休について
定められていなくても大丈夫なのです。

その期間に突入したら、女性が、
「産休ください!」
と言ったら、会社側は、拒否をすることが出来ない
ということになります。

(ただし、医師が支障ないと判断した範囲であれば、
より負担の少ない仕事をさせることは可能です)

 

ただ、この記事を読んで下さっている方の中には、

「でも、私はパートだからなあ。」とか
思っている方もいらっしゃるかと思います。

でも、大丈夫です。

産休は、その人の雇用形態とは関係なく取得することが
出来るからです。

会社側が、「あなたはバイトだからダメ」と
言ったら、法律違反になってしまうんですね。

 

気になるお金の方は?

「でも、産休をしっかり取ってもお給料は保証されるのかしら?」
と思う方もいらっしゃると思います。

給与に関しても、社会保険で保証されています。

出産前は、最大42日間分(6週)
出産後は、最大56日間分(8週)

分の給料の三分の二が出産手当金として支給されます。

この件に関しては、社会保険に加入している必要がありますが・・・

ちなみに一つ朗報なのは、
2014年(平成26年)4月から、
産休の期間中は社会保険料が免除になるとういことです。

つまりこれも少子化対策の一環なんですね^^

 

ただ、ここで気を付けなければならないのは、
この期間に会社から給与が発生した場合は、
社会保険からでは、支給されなくなってしまうとういことです。

(もし、発生した給与が、出産手当金の額より、少ない場合は、
その差額分が支給されるようになります)

つまり、産休は、有給扱いにしない方が基本的にはオトク
ということになります。

また、産休を取れる期間内に働いた場合も、
産休の対象期間が、それだけ短くなってしまうので、
基本的には、損をしているということになってしまいますね。

 

それでも会社から不当な扱いを受けた場合は?

ただ、現実的には、従業員よりも会社の方が、強い立場に
立っているので、何だかんだと追い込まれやすいのが
妊婦さんですよね。

最近は、産休を取ったことをきっかけにして、
解雇してしまう、産休切りも多発しているようですし・・・

でも、産休を理由とした解雇は
男女雇用機会均等法第9条に違反します。
ですから何かトラブルに巻き込まれた時は、
労働基準監督署労働局雇用均等室などに
相談をしたら良いです。

全国の労働基準監督署の所在案内は、こちら
労働局雇用均等室の所在案内は、こちら

 

ただ、そこまで問題がこじれちゃうと、
会社との関係が気まずくなってしまうところがありますし、
ストレスを感じるとお腹の赤ちゃんにも良くないですから・・・

でも、何かあった時に、相談できるところがあることを
知っておくだけでも安心感につながりますよね。

 

とにかく、法律では、
妊婦さんの権利は、しっかり保証されていますので、
自信をもって、産休は請求して下さいね^^

そして、元気で健康な赤ちゃんをが生まれることを
願っています!

 

スポンサードリンク