スポンサード リンク

7月7日は七夕ですね。

七夕と言えば、短冊を飾って願い事をする
というのがお決まりのパターンです。

 

「まあ、短冊に願いを掛けるといっても
しょせんは、迷信でしょー」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
それについては、私自身、少し思っていることがあります。

 

そこで、今回は、七夕で短冊を飾る由来と、
願い事をか叶える秘訣について、まとめてみました。

 

時代とともに発展してきた願い事

七夕自体は、中国や韓国からでも行われているイベントですが、
短冊に願い事を書くという風習は、日本だけにあります。

七夕で短冊に願い事を書く風習は、
江戸時代から一般的に行われるようになりました。

元々は、中国の乞巧奠(きこうでん)という
織女に対して手芸の上達を願うところが
由来となっていました。

しかし、時代にを経るにつれ、
願い事の範囲が広がっていきました。

「手芸が上達しますように」

「短冊に字を書いたら、字もうまくなるみたいだよ~」

「短冊に願い事を書いたら、かなうみたい!」

「願っていること、何でも書いちゃえ~」

人の欲望というのは、段々と
大きくなっていくものですよね~

色が持つ意味?

短冊には、実は5色の種類があります。

五行説という古代中国から伝わる自然哲学
から来ているのですが、それそれの色は、
5つの徳を表し、それにあった願い事を書くのが
良いと言われています。

緑(仁):徳を積み、人間力が高まるようにお願いする。
→「頼りがいのある男になる」とか・・・

紅(礼):父母や祖先への感謝の気持ちを表す
→「お父さん、お母さんが長生きしますように」とか・・・

黄(信):信頼を表し、知人や友人を大切にする
→「○○君が、成功しますように」とか・・・

白(儀):義務や決まりを守る
ん、どんな願いなんだろう!?

黒(智):学業の向上
→「東大に入れますように」とか・・・

 

また、その一方で、色を風水から見るという
観点もあります。

赤は、仕事運、健康運、決断力
オレンジは、子宝、リーダーシップ
白は、財運、人間関係の改善
緑は、健康、安全、安らぎ
青は、勝負運、冷静

この観点で行くと、五行では、「ん!?」だった
白の短冊でも大丈夫そうですね(笑

 

願い事をかなえるためには?

私自身、七夕なんて、しょせん迷信だと
思っているところがあります。

ただ、その一方で・・・

 

願いごとを紙に書くことには大きな意味がある
と感じています。

「思考は現実化する」という多くの成功者を
輩出してきたベストセラーの本では、

実現したい具体的な願望
そのための代償
最終期限
詳細な計画

を紙に書いて、1日に2回、起きた直後と寝る直前に
出来るだけ大きな声で読めが、願望が実現していく
と書いてあります。

 

そうなんです!

 

本当に願い事を叶えようと思ったら、
七夕の時に軽い気持ちでやるんじゃなくて、
普段の生活で、紙に書いて、読み続けながら
習慣化させることが大切になってきます。

 

そうすることによって、あなたの潜在意識に変化が生まれ、
願い事が達成されるようになりますよ!

「七夕って、効果ないよなー」と
思っている方は、是非、やってみて下さいね^^

スポンサードリンク