スポンサード リンク

配偶者控除に関しては、
以前から、議論になっていましたが、
これから本格的に見直されるようになるようです。

 

そこで、配偶者控除について簡単にまとめながら、
専業主婦受難の時代が始まる!?
という観点で、書かせて頂きました・

 

そもそもどんな制度なの?

配偶者控除とは、簡単に言ってしまうと、

ご主人が働いている家庭で、
奥さんの年収が、103万円以下なら、
ご主人の所得分から38万円分が控除
すなわち税金の対象から外れるという制度です。

ただ、奥さんの年収が、103万円を超えたとしても、
すぐに、配偶者控除がなくなってしまうわけではありません。

年収が、141万円になるまでは、
段階的に控除の額が減っていき、
141万円を超えたら初めて控除がなくなる
ということになっています。

ですから、配偶者控除では、よく
103万円の壁141万円の壁があると言われています。

 

なんで、こういう制度が出来たのかというと、
奥さんの収入が少ないと、ご主人の給料で、
生活費に大半をまかなっていかないといけないので、

「面倒見る人が多いと、大変だよね~
だったら、税金減らして上げる!」

という趣旨があったからです。

何が問題になっているの?

ところが・・・

この制度によって、本来では、働けるはずの女性が、
敢えて、働く時間を減らしてしまう傾向が
強くなってしまうと言われています。

 

私が、以前、働いていた職場でも、
パートのおばさんが、

「これ以上、働くと、配偶者控除がなくなっちゃうから~
たくさん働いても税金で持っていかれるんなら、
もったいないしね~」

といいながら働く時間をセーブしていました。

 

つまり、配偶者制度によって、
女性の働く意欲が弱まってしまうことが指摘されているのです。

 

女性が働かないと、
労働人口が少なくなり、経済が活発になりません。

現在、安部政権は、いかに経済を成長させるかということで、
「やっぱ、女性が働かないと!」
という考えなので、そういった事情から、
配偶者控除を見直そうという動きが加速しているのです。

 

専業主婦受難の時代の到来!?

配偶者控除が少なくなれば、
当然、奥さんの収入が少なければ少ないほど、
そして奥さんが専業主婦であれば不利になる
ということになります。

つまり、悪い表現をすれば、
今回の配偶者控除の見直しは、
専業主婦の人たちに対して、

「こら~、お前ら、家でのんびりくつろいでなんか
していないで、働け、働け~」

と言っているようなものです。

はっきり言って、専業主婦への狙い撃ちです(T-T)

 

実際、働けるのに働いてない女性もいるかもしれませんが、
働きたくても働けない女性の方が、実際は多いじゃないかな
と思うんですよね。

我が家も、子供が小さい時は、保育園に預けられなかったり、
幼稚園も早く終わったりで、妻が働けるようになるまでには、
相当時間が掛かりました。

 

実際、安心して、家で子育てに専念できないとなると、
「子供を産むのは、大変だな~」
という感じで、少子化に拍車が掛かる可能性は高いです。

 

配偶者控除を見直しても、
働く女性が得をするわけではなく、
働かない女性が損をするだけです。

これでは、専業主婦が家から追い出されるだけです。

 

本当にやるべきことは、保育所の環境を充実させて上げて、
女性が働きたい時は、いつでも安心して働ける
選択の自由を与えて上げることだと思います。

 

そういった意味で、今回の配偶者制度の見直しは、
個人的には、ちょっと違うんじゃないかな~と
思うんですけどね・・・

 

スポンサードリンク