スポンサード リンク

ふるさと納税って、ご存知ですか?

2008年から導入された制度なのですが、
実は、これうまく活用すれば、かなりオ・ト・クな制度なんですね。

どうしてお得なのか、簡単にまとめてみました。

 

どんな制度なの?

ふるさと納税と言っても、形式的には寄付という形になります。

そして、その寄付をした分の2,000円以上は、
自分の税金から控除されたり還付を受けたりすることが出来ます。

つまり、実際に、出費する金額は2,000円ということになります。

「えっ、じゃあ、何がお得なの?」
という話になるかと思いますが、

 

実はですね~

寄付金を収めてもらった自治体から、
その地域の特産品などを特典として受け取ることが出来ちゃうんです。

そして、その特典は、
2,000円以上の価値のものが多いのです。

 

つまり、2,000円の出費で、数千円の価値の商品をゲット
できちゃうというお話なんですね!

 

寄付をするのは、どこでも大丈夫!

「でも、ふるさと納税というんだから、
自分のふるさとでないとダメなんでしょう?

と思われる方もいらっしゃると思います。

でも、実は、どこに寄付しても良いのです!

「じゃあ、ふるさと納税という名前自体どうなのよー」
と思われる方は、私だけではないですが(笑

実際に、「こんなの税体系としてナンセンセスだぁ~」
とおっしゃった某有名元知事さんもいらっしゃいます。

 

でも、とにかく、自分で好きな自治体を選んで、
寄付をすることが可能なので、
あなたには、「どこの特産品が良いかな~」
チョイスできる楽しみが生まれてるんです!

 

どうやって、良い特産品を選ぶ?

では、ふるさと納税を使って、良い特産品をゲットできる方法には
どうしたら良いのでしょうか?

実は、ふるさと納税に関しては、
ふるさとチョイスというふるさと納税のポータルサイトがあります。

2014-04-05_130155

ここには、ランキングのコーナーもあったりするので、
ここから、あなたのお気に入りの商品を選ぶことが出来ます。

 

ふるさと納税の簡単な流れを説明すると

1. ふるさとチョイスなどにリンクされている各自治体の
ふるさと納税の関連ページに入って、寄付の手続きを行う。

2. 寄付をしたら、寄付金受領証明書という領収書をもらう

3. 寄付金控除を受けるため、確定申告をする

という流れになります。

 

ちょっとした課題、問題点

「えっ、確定申告?」と思われた方も多いと思います。

そうなんです。確定申告をしないと、ふるさと納税の控除は
受けられないのです。

面倒くさ!

と思われるかもしれませんね。

はい、確かに面倒くさいです・・・

あとは、寄付の方法なども、自治体によって、違ったりするので、
ここら辺も、面倒なところです。

 

しかし・・・・

この面倒くささを乗り越えられば、
たったの2,000円の出費で、

地元が誇る美味しい、お肉や果物、、魚、お酒、カニ、うなぎ
などが、ゲットできちゃうのです。

賢いお買い物が出来る人になれるかどうかは、
あなた次第です!

 

それにしても、この制度を提供する地方自治体としては、
「いかに魅力的な特典を作ることが出来るか」
というのが、ポイントになってきます。

例えば、熊本県では、スザンヌさんを宣伝部長にして、
ふるさと納税をPRしています。

熊本県は、ゆるキャラのくまもんといい、
マーケティング戦略がうまいのかなあという感じがします。

各自治体も、単にお役所的な仕事をするだけでなく、
知恵を絞ってがんばらないといけな時代に
突入しているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク