スポンサード リンク

結婚式を挙げる時などに、よく気になるのが、
「この日は、大安かどうか」
ということですよね。

でも、普段の生活の中で、
大安とか気にしている人ってどれくらいいるのでしょうか。

どれくらい深い意味を持っているのでしょうか?

そこで、暦における大安の意味や、
結婚式はやっぱりこの日を選んだ方が良いのか
という観点などについてまとめてみました。

 

六曜について簡単に説明

大安というのは、六曜(六曜星の略)という中国で生まれた
と言われている暦注(れきちゅう)の一つで、
日本では、明治以降に広まったとされています。

全部で6つあり、順番に回っていくので、
大安は6日に1回、月に5~6回ある
ということになります。

6つの種類を順番通りに説明していくと

大安:大吉の日、何事にも成功できる日
先勝:先んずることで勝つことが出来る日
友引:友を引くという日(葬儀には避ける日)
先負け:何事も控えめにした方が良い日
赤口:午の刻(11時~13時頃)だけが吉という日
仏滅:すべてにおいて良くない日

という感じになります。

何で六曜を信じる人が多いの?

ここで、一つ疑問が出て来ると思います。

それは、
「大安とか仏滅って、そんなに重要かあ?」

という思いです(笑

実際、暦に吉凶を付けるというのは、
六曜以外にもいろいろありました。

また、六曜自体、実は、
根拠や由来が曖昧だったりします。

では、なぜ六曜が現代の日本に定着したのでしょうか?

それは、明治時代に政府が
暦に吉凶を付けることに対して、
「六曜以外は、全部迷信だ!」
と禁止してしまったからなのです。

それによって、第二次世界大戦後、
爆発的に流行し、日本に定着したという訳なのです。

 

結婚式は、やっぱり大安にすべき?

大安は、「大いに安し」という意味で、六曜の中では、
最も吉の日とされています。

何事においても吉とでて、成功しないことはない日だと
言われているため、結婚式だけでなく、新規事業の開始、
旅立ちの日、移転などでも、選ばれる日です。

また内閣組閣なども、この日に行われています。

 

では、結婚式を挙げる方は、皆さん、必ず、
大安の日を選んでいるかというと、実は、そうでもありません。

仏滅に結婚式を挙げるを日もいます。

その理由は、あまり六曜にこだわっていないからという
考え方もあるかもしれませんが、現実的な理由として、
仏滅だと割引プランがある場合があるからのようです(笑

 

私も、「六曜は迷信だろうなあ」と思っているところがあります。

実際、冠婚葬祭の時は、六曜を気にするけれども、
普段の生活の中で、六曜を気にする人って、
特に若い人たちの間では、ほとんどいないのではないでしょうか。

「今日の星占い」とか、朝のニュースでチェックする人はいても、
「今日の六曜」を見て、一日を出発する人って、
まず、いないですよね~^^;

 

 

しかし、冠婚葬祭や重要なイベントに限っていえば、
六曜の浸透度はハンパありません。

実際、結婚式の場合、親戚の方々などがたくさん集まります。

例え、結婚式を挙げる当人同士が、
「大安でも、仏滅でも関係ないよ~」
と言ったとしても、式に集まってくる大勢の方々には、
大安であるかどうかは、必ず気にされる方は出てきます。

 

そこで、波風が立たないよう、大安の日を選ぶのが、
ある意味、一番無難なのかなあと思います。

やっぱり、周りの人達から、つべこべ言われないのが、
一番、大きく安心できますからね^^;

スポンサードリンク