スポンサード リンク

妻がサボテンを買って来てくれました。

IMG_2473

「何でサボテンを買ってきたの?」と聞いたら、
「サボテンは、電磁波を吸収してくれるんだって」とのこと。

私は在宅でパソコンを使った仕事をしているので、
買って来てくれたとのことです^^

ただ、実際、サボテンで電磁波を防ぐには、
パソコンと自分の間に置かないとあまり
意味がないという話もあるそうですが・・・

しかし、いつも部屋で一人で仕事を
しているので、目の前に置かれている
サボテンには、親近感を覚えてしまいます。

 

でも、サボテンってどうやって育てるんでしょう?

砂漠の中でも育つと言われていますが、
水はやらなくても大丈夫なのでしょうか?

ということで、私の新しい友達(!?)であるサボテン君のために
いろいろ調べてみました。

どこに置くのが良いか?

サボテンは、
日当たりの良いところ
風通しの良いところ
に置いた方が良いと言われています。

最低でも半日は直接光の当たるところに
置いた方が良いそうです。

室内に置くのは、まずいようですね・・・

ただ、あまりに日に当てすぎると、日焼けしてしまって、
枯れてしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

風通しが良い所に置く方が良い理由は、
サボテンは湿気に弱いからです。

最悪、根が腐って枯れてしまいます。

砂漠で本領を発揮するのがサボテンですからね~

また冬も5度以下にならないよう
気を付けなければなりません。

凍傷に掛かってしまう可能性もあるので、
注意が必要です。

 

水はどれくがいやるべきか?

「サボテンは、水がなくても平気」と
思う人は多いですが、やっぱりサボテンも
植物なので、水は必要です。

ただ、水をやり過ぎると、根が腐ってしまうので、
そこら辺は、バランス感覚が重要というところでしょうか。

ちなみにサボテンは、1年の中で、
生育期(春と秋)
休眠期(冬と夏)
を繰り返します。

生育期では、サボテンは水を多く必要とする時期なので、
一週間に一度か二度

休眠期は、サボテンが休んでいて、
それほど水を必要としていないので、
月に1度ぐらいで良いそうです。

また時間帯としては、日中に水を上げると、
蒸れて、根が傷ついてしまうため、
明け方か夕方に上げるのが良いとうことになります。

 

さらに水を上げる時は、
鉢の底から水があふれ出るぐらいたっぷりとあげる
のが良いそうです。

ポイントは、鉢の中に入っている土全体に
しっかりと水が行き渡るようにすることです。

 

サボテンは人の気持ちがわかる?

ちなみに、サボテンは、人の気持ちが分かるという話を
聞いたことがあります。

本当かどうかは、よく分かりませんが、
私はそういう話を素直に信じてしまう性格なので、
サボテンににっこり笑いかけたり、話しかけたり・・・
(はたから見ると、完全に怪しい雰囲気ですが・・・)

でも、今日は、私との出会いを喜んでくれたのか、
花を咲かせてくれました^^

私が黙々と仕事をしているのを、じっと見つめてくれる
サボテン君が、いつまでも元気でいてくれるよう、
大切に育てていきたいと思います。

スポンサードリンク