スポンサード リンク

私は、昔、某有名デパートで食品の販売をしていたことが
あるのですが、ちょうどお中元のシーズンの際、
「関西と関東では、お中元の時期が違う」
ということを初めて知りました。

つまり、関東の人で、親戚が関西にいる場合、
関東の間隔でお中元を贈ったらマズイということになるのかもしれません。

そこで、今回は、関西と関東でのお中元の時期の違いについて
少し突っ込んでまとめてみました。

具体的にはいつ頃?

まず、お中元の具体的な時期ですが、
関東では、7月初めから15日までに贈る
関西では、7月中旬から8月15日までに贈る
というの基本的な風習となっています。

ちょうど1ヶ月ずれるような感覚ですね。

 

なぜ時期がずれてくる?

でも、なぜ同じ日本なのにお中元の時期がずれるのでしょうか?

お中元は、元々、中国の道教に由来する行事なのだそうです。
(へぇ~という感じでですね)

道教では、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)
という3つの大きな行事があり、
その中の中元が、今のお中元の起源になっています。

中元は、旧暦の7月15日ということになりますが、
関東では新暦で行うので、7月15日までにということになります。

しかし、関西では旧暦で行います。

旧暦は新暦と比べて、1ヶ月ぐらいずれるため、
8月15日までということになります。

 

地域によってルールも変わってくる

このようにお中元の時期のとらえ方が違ってくると、
当然、のしに書く文言も違ってきますね。

関東であれば、
7月15日頃までは、お中元
7月15日を過ぎたら、暑中見舞い
8月7日が過ぎたら、残暑見舞い
という感じになります。

一方、関西の場合は、
8月15日までは、お中元
8月15日を過ぎたら、残暑見舞い
という感じになってきます。

 

最近の傾向は?

とはいっても、最近は、地域に関係なく、
7月初めから7月15日までに贈るのが一般的
になりつつあるようです。

その背景には、デパートが早くお中元商戦を仕掛けたい
という思惑もあるそうで、早い人だと6月ぐらいから
贈りはじめる人もいるとか。

 

実際、普通に、考えてみれば、お中元のギフトを遅くもらうと、
何だか後回しにされたような感覚になってしまうかもしれませんが、
早くもらう分に関しては、そんなに気持ちを害することは
ないような感じもします。

 

その観点から考えれば、早めに送ってしまった方が無難
なのかもしれません。

備えあれば、憂いなしとも言いますし、お中元のピークに差し掛かってしまうと、
発送も遅れてしまったりするものですから、早め早めに対処していくのが
良さそうですね。

スポンサードリンク