スポンサード リンク

11月の中旬から下旬にかけて、しし座流星群
観測出来る時期を迎えています。

今回は、しし座流星群について少しまとめてみました。

 

しし座流星群とは?

しし座流星群とは、しし座を拠点に放射されている流星群です。
毎年、11月14日~24日頃、観測することが出来、
11月17日前後にピークを迎えます。

基本的には、1時間に数個の流星が観測される程度ですが、
時々、”大出現“という1時間に数千から数万個の流星が
降り注がれる年があります。

といっても、過去の歴史を遡っても、

1799年、1833年、1866年、1966年、2001年と
数えるぐらいしかなく、大出現は、
一生に一度見られるかどうかという
世紀の天体ショーなのです。

ちなみに2001年に大出現が起こった時は、
日本でも、好天に恵まれたこともあり、
全国的に見ることが出来ました。

しし座流星群の探し方

しし座流星群が見られる時期は、
11月14日頃~24日頃ですが、
どうやって探したら良いでしょうか。

ちなみに2014年は、
11月18日の7時頃がピークとなります。

明け方というのが、少し残念ですが・・・

しし座流星群は、しし座を拠点に放射されているので、
しし座がある東の空を見ればと思われるかもしれませんが、
流星群が見られるのは、しし座の方角だけとは限らないので、
夜空全を見渡すのが良いでしょう。

特に、明るいところでは見えないので、
月あかりや市街地を避けるのが良いです。

また、空のどこに出現するかは分かりづらいので、
望遠鏡は使わず、肉眼探すようにしましょう。

ちなみに動画で良いものがないか、いろいろ探してみましたが、
動画では、あまり綺麗には見えないですね^^;
(やはり肉眼で見るのが一番かもしれません)

これが一番、綺麗で見える動画かもしれないので、
ご紹介しておきます。

 

英語で言うと?

ちなみにしし座流星群は、英語で言うと、
Leonidsと言います。

YouTubeでしし座流星群の動画を探す時は、

“しし座流星群”で検索して良いですが、
“Leonids”で検索したら、
世界中で撮った動画
いろいろ見られるようになりますよ。

星の美しさに、言葉はいらないですからね^^

 

星空を見上げてロマンを感じてみよう

私自身、昔は、星空をよく見上げて、
星を見ていましたが、
都会に住むようになって、
「どーせ、星は見えないでしょう」
と考えるようになり、あまり星空を見ることが
なくなってきたところがあります。

しかし、しし座流星群が降り注ぐ時ぐらいは、
空を見上げて星空のロマンを
感じてみるのはいかがでしょうか?

くれぐれも、私みたいに
「しし座流星群は、流星がたくさん見られるから、
それだけ、願い事もいっぱい叶うかも」と
現実的なことは考えないようにして下さいね^^

スポンサードリンク