スポンサード リンク

3月に入れば、三寒四温を繰り返していきながら、春が段々近づいてきて・・・

って三寒四温は、この時期の表現で合ってましたっけ?

ちょっと気になることがあったので、少し突っ込んでまとめてみました。

元々の意味は?

ところで、あなたが”三寒四温”という言葉を初めて聞いたのは、いつ頃でしたか?

私は、確か小学校の授業だったと記憶しています。

そこで、世界の気候を学びながら、朝鮮半島では、三寒四温を繰り返しながら暖かくなっていくと聞いて、「あっ、海外ではそうなんだ~」と感じたことがあります。

大人になった今、再度確認をしてみると、三寒四温は、元々、中国の東北部や朝鮮半島で寒い日が3日続いた後、暖かい日が4日続くという寒暖の周期を表現する言葉でした。

具体的には、冬のシベリア高気圧からの寒気が、強まったり、弱まったりするため、そういった気候現象が起こってくる構図になっています。

つまり、元々の意味から考えれば、このような状態は、日本では起こらない気象現象なのです。

さらに重要なのは、ここで言う三寒四温は、春ではなく、冬の現象ということです。

時代の流れと共に変わってきた意味

しかし、三寒四温という言葉が、日本に伝わってから、別の意味で使われる機会が増えてきました

日本では、春先に、低気圧と高気圧が交互に入れ替わることが多いですが、

低気圧が通過:寒くなる
高気圧が通過:暖かくなる

という周期を繰り返すことを、三寒四温と呼ぶようになってきたのです。

つまり、最近では、冬ではなく春に使う機会が多くなったということになります。

時代と共に変わる言葉の意味

そのように考えると、春先に「

三寒四温を繰り返しながら、暖かくなっている」

と表現するのは、本来の意味から考えれば間違いということになります。

ただ、言葉というものは、時代と共に、使い方が変わってきたりするもの

例えば、五月晴れというのは、本来、旧暦の五月だったので、本来は梅雨の合間の晴れ間を意味していましたが、最近は、文字通り5月の晴れた日を指すようになったり。

気象用語ではありませんが、昔は、ヤバイという言葉は、よくない意味で使われていたのが、最近は、本当においしいものを食べた時、使うようになってきたり。

今の時期に三寒四温という表現を使うと、

「そりゃ、意味が違うぞ、けしからーん!」

という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、実際、時代の流れの中で使われる範囲が広がってきてるので、別に春に使ってもいいんじゃないかなというのが、私の個人的な意見です。

ちなみに、三寒四温は、「暖かい日が続いても、また寒くなったりするので、体調管理には気を付けましょう」という意味も含まれています。

是非、皆様もお体に気を付けて、お過ごしください!

スポンサードリンク