スポンサード リンク

もう少しで、2013年も終わり早いものですね。
今回は、少し早いですが、お正月飾りに関する豆知識と
処分の方法についてまとめました。

syogatsukazari

お正月飾りとは?

その年の幸せを約束してくれる年神様をお迎えするために使われるもので、
神道の伝統です。

お正月飾りは、主に3つのものがあります。

門松:年神様の依り代(寄りつくところ)
しめ縄:神聖な場所と現世との区切りを示す役割を持つ
鏡餅:神様へのお供えもの

 

飾る時期

お正月飾りを飾るのは12月28日までが良いでしょう。

12月29日は、苦待つと言われ縁起が悪いとされています。

12月31日に飾るのは、一夜飾りと言われ、
正月の直前に飾るという神様に対して失礼な行為となってしまいます。

本当は12月30日までと言われていますが、30日は、
旧暦の大晦日になるため、この日も避けた方が良いということになります。

取り払う時期

門松としめ縄は、松の内と呼ばれる門松を飾っておく期間
(その期間に年神様がいらしゃると言われている)が終わる
1月7日に取り払うようにします。

鏡餅は、11日に鏡開きがあるので、その時までとなります。

※但し、地方によっても若干の違いがあるようです。

 

お正月飾りの処分方法

お正月飾りは、基本的に1月15日までに
最寄りの神社で処分するようになります。

 

神社では、どんど焼きという行事が開かれるので、その時に燃やします。

どんど焼きでは、そこで出る煙に乗って、年神様が帰っていかれ、
また、どんど焼きの火で焼いた餅を食べると
病気に掛かることなく過ごせると言われています

 

ただ、都会に住んでいたりして、近くに神社がなかったり、
どんど焼きの時期を逃してしまうことってありますよね。

そういう時は、以下の方法で対応して下さい。

1. 神社に持って行って引き取ってもらえるか聞いてみる
2. 最寄でない神社へ持って行ってみる

 

それでもダメな場合は、燃えるゴミとして出すしかないのですが、
その場合は、以下の方法で行って下さい。

1. 新聞紙を広げて、その上にお正月飾りを置く
2. お正月飾りに、左、右、左と3回塩を振りかけて清める)
3.新聞紙でお正月飾りを包む
4.一般のゴミ袋とは別の袋に入れて燃えるゴミの日に出す。

 

お正月飾りは、神聖なものなので、無下に扱うことなく、
心を込めて、処分するようにしましょう。

 

最近は、段々、こういう伝統的な風景が、特に都会に住んでいると、
見られなくなってきましたが、やはりこういう日本古来の伝統文化は
大切にしていきたいですよね。

 

日本に昔から伝わる伝統をこうやって、現代科学の中で、生まれた
インターネット上で綴っていくのは、なかなか面白い作業だなあと思います^^

 

スポンサードリンク