スポンサード リンク

最近は、週刊誌などで、糖質制限ダイエットの是非が問われていますね。

効果があるという説とイヤそれは危険だという説が、
対立しています。

そこで、今回は糖質制限が危険だと主張する意見をまとめながら、
その科学的な根拠などを調べてみました。

 

どんなダイエット方法?

まずは、糖質制限ダイエットとは何かということを
簡単に説明します。

糖質制限とは、1日の糖質の摂取量を130g以下
(1食あたりご飯茶わんの量を半分にする)にすることです。

これによって、血糖の上昇を抑えることが出来、
ダイエット効果もあると言われています。

危険だと反対する人の根拠は?

では、この糖質制限ダイエットに反対する人は、
何を根拠にしているのでしょうか?

反対している人の理由をまとめると、
大きく分けて2つの観点があります。

 

科学的な観点

一つ目は、科学的な観点です。

日本糖尿病学会は
糖質制限によって、タンパク質と脂質の摂取量が増える
指摘しています。

つまり、
タンパク質の取り過ぎ⇒腎機能の悪化
脂質の取り過ぎ⇒動脈硬化が促進され心筋梗塞や
脳卒中のリスクが高まる

という連鎖につながってしまうというのです。

やっぱり、糖質を減らそうとしたら、
体が、他のもので、足らないものを補おうと
反応してしまうものなのかもしれませんね。
(気持ち的には、よく分かります)

 

また糖尿病の世界的権威である関西電力病院院長の清野裕医師は、
次のような構図を指摘しています。

人は、本来、1日170gの糖が必要
⇒130gに糖質の摂取を制限してしまう
⇒肝臓が、タンパク質を構成するアミノ酸を、糖に変えて、
足らない糖を補おうとする
⇒内臓組織の原料となるタンパク質が不足することによって、
体が老化していく

しかし、それでは間に合わないので、今度は、
筋肉を分解して、アミノ酸に変えていこうとする
⇒筋肉がどんどん減っていってしまう。
体が弱くなっていく

要は、糖質の摂取を無理をして減らすと、
体がバランスを失ってしまうという考え方になります。

 

統計的な観点

また、もう一つの観点として、統計的なデータも発表されています。

まず、国立国際医療研究センター病院の糖尿病研究連携部は、
糖質制限に関する海外の論文を分析した結果、
実験の対象となった27万人の内、糖質制限をした人の死亡率は、
1.31倍だったとのこと。

ただし、これはあくまでも統計データでなので、
科学的な論理性が証明されているわけではありません。

結局、危険なの?

さて、結論的な話をすると、
「やっぱり極端なやり方は、危険なのでは・・・」
という感じになると思います。

糖質は、タンパク質、脂肪と並ぶ、三大栄養素の一つなので、
その一つが欠けるとと、やっぱり良くないと個人的には思います。

特に、糖質はエネルギー源となっていくものなので、不足すると
疲労感、思考力や集中力の低下などにも繋がってしまうからです。

さらに個人的な意見を言わせてもらえれば、
1食で、ご飯茶碗1杯分のご飯しか食べられず、
しかも、それ以外で、糖質を含む炭水化物は一切食べられない
というのは、やはり過酷です・・・

人間、無理をすると、後で反動が来たり、
ストレスが溜まったりします。

個人的には、そこまで無理をするくらいなら、
多少、太っていても良いから、もっと楽しく人生を満喫した方が、
いいのではないかと思います。

何事も、適度なバランスが大切ですので、
やはり無理のないダイエットをオススメいたします。

とか言いながら、ダイエットのため無理な食事制限をしている
妻の前では、何も言えないというのが、
厳しい現実なんですよね~(汗、汗)

スポンサードリンク