スポンサード リンク

今年の雪は、ハンパじゃないですよね。

あまりの突然の大雪に、子供達は、大喜び、大人達は、大パニックという感じではないでしょうか(笑)

雪が降ってくると、やっぱり必要となってくるのが雪かきスコップです。

先回、雪かきスコップがない場合の代用品について記事を書きました。

雪かきスコップがない時の代用品としてオススメな3つのアイテム

今回は、人気ランキングを見ながら、どんな雪かきスコップを選べば良いのか、まとめてみました。

ランキングを見る場合の注意点

ネットで購入しようと思ったら、やっぱり最初に思いつくのが、楽天ですよね。

楽天のランキングですが、見る時に気を付けるべき観点があります。

それは、本当に売れている商品を見る場合は、週間ランキングを見るということです。

信頼度は、やっぱり

リアルタイム<デイリー<週間

となります。

楽天の週間ランキング(スコップ・シャベルランキング)
楽天のデイリーランキング(スコップ・シャベルランキング)

ちなみに私も、楽天に出店しているお店の管理をしているので、やっぱり週間ランキング1位を取ることの難しさと大切さはよく分かっています^^

このランキングを見ながら、購入すべき際に、注目すべき3つのポイントについてまとめてみました。

ポイント1:材質(鉄、スチール、プラスチック、アルミ)

まず、注目すべき点は、どの材質を使っているかということです。

雪かきスコップには、基本的には3つの材質があり、それぞれ特徴があります。

鉄製、スチール製:とにかく頑丈、固い雪も何のその、でも重たい
プラスチック製:安い、そしてとにかく軽い!でも凍った雪にはNG
アルミ製:軽量で比較的丈夫、でも、無理に使うと変形する場合も

ランキングを見ていて人気があったはアルミ製でした。

一番バランスが取れているというのが、人気の秘訣なのでしょう。

また、アルミ製は、鉄などに比べると錆びにくいという点でも優れています。

ポイント2:重さ

雪かきをする時は、スコップの重さも結構重要になってきます。

スコップが重たいと、特に女性の場合、大変になってしまうからです。

スコップが重たいと雪かきをする時も大変ですし、雪かきをした日の翌日は、筋肉痛で苦しむことになります(笑)

アルミ製であれば、重量が1.0~1.2kgぐらいであれば、軽い部類に入ってきます。

1.5kgを超えると、ちょっと重たいかなという感じなので、女性には不向きと言えましょう。

軽さにこだわるのであれば、やはりプラスチック製が良いでしょう。

600~800gぐらいで済みます。

もちろん、プラスチック製は固い雪には弱いというデメリットがありますが、中には、先だけステンレスにして強度を上げているものもあります。

ポイント3:大きさ

雪が多い場合、スコップの先が大きい方が、当然、一回に運べる雪の量が増えます。

スコップの大きさが小さいと、その分、何度も雪を運ばないといけないので、大変になってしまいます。

スコップの先が

25cmぐらいであれば標準
30cmぐらいあれば大きい

という感じになります。

ちなみにプラスチックの場合は、軽いといこともあり、スコップの先が大きいものが多いです。

番外編:在庫

以上、3つのポイントを挙げましたが、特に雪が多い時期になると、最後、問題になってくるのが在庫です。

特に、雪が急に降ると、注文が殺到するのか、売り切れ店が続出します。

楽天などで、”雪かきスコップ 在庫あり”で検索すれば、比較的、在庫のある商品が出て来ますが、
それでも売り切れ表示が出てしまっているものも・・・

最近は、異常気象の時が多いので、多少、入荷に時間が掛かっても、雪かきスコップは、今後のためにも、準備しておいた方が良いかもしれませんね。

中には、折りたたみ用のものもありますので、使わない時のスペースも考慮にいれながら、効率の良いお買い物が出来ることを願っています。

スポンサードリンク