スポンサード リンク

正月と言えば、1月1日から始まる年中行事ですが、
大きく分けると、大正月小正月に分かれているというのは、
ご存知でしょうか?

小正月は、あまり知られていないところがありますが、
日本古来の伝統を守っていくためには忘れちゃあいけないよね
ということで、小正月の意味、由来、行事、食べ物などについてまとめてみました。

 

小正月とは?その由来

小正月は、旧暦(太陰太陽暦)が日本で導入される前に、
望の日(もちのひ)という満月の日(旧暦の1月15日)を、
月初めとしていたことが由来となっています。

大正月は、1月1日~7日であるのに対し、
小正月は、
14日~16日までの3日間
14日の日没から15日の日没まで
1年で最初の満月

などいくつかの説があります。

食べ物や行事は?

それでは、小正月には何をするのでしょうか?

左義長(さぎちょう)・どんど焼きで年神様をお見送り

小正月には、正月飾りや書初めを燃やし、
その煙で年神様が天上へ帰っていかれると言われています。

また、どんど焼きの火で焼いたお餅を食べると、
無病息災でその一年を過ごすことが出来、
書初めを燃やした日が、高く上がると字がうまくなると
言われています。

年神様をお見送りすると、正月が終了するので、
1月15日は、正月事じまいとも言われます。

 

小豆粥を食べる

小正月には、小豆粥(あずきがゆ)を食べ、1年間の邪気を取り、
(赤い色の食べ物は、邪気を取ると言われています)
その年の無病息災を祈ります。

 

鏡花を飾る

小正月には、餅花(もちばな)という紅白のお餅を柳の木に飾り付けて、
豊作を祈願します。

そのため、小正月は花正月とも言われます。

 

小正月はこんな日でもある

小正月には、以下のような意味もあります。

元服を行なっていた日

昔は、小正月に元服(男子が成人になったことを示す儀式)を行なっていたため、
小正月、すなわち1月15日が成人の日となりました。

(しかし、2000年以降、成人の日は、1月の第二月曜日に変更されました)

 

女性が休む期間!?

大正月は、女性達が年神様を迎えるため、たくさん働かないですが、
小正月は、女性をねぎらう休息日として意味づけられていて、
そういった意味から、女正月とも呼ばれています。

 

小正月は、忘れがちな日本の伝統行事ではありますが、
こういう文化を大切にすることを通じて、
日本の歴史や文化を大切にする心が育まれていくのだと思います。

小正月は、日本から日本に伝わる文化なので、
未来の子孫たちにしっかり伝統を残していくことが出来るよう
努力をしていきたいものですよね。

スポンサードリンク