スポンサード リンク

初夢とは、新年のある夜に見る夢で、
その夢で、1年の運勢を占う風習があります。

そこで、今回は、初夢について、まとめてみましたが、
初夢についての素朴な疑問についても少し書かせて頂きました。

 

初夢って、いつ見る夢のことを言うのか?

ところで、初夢って、一体いつ見た夢のことを言うのでしょうか?
実は、はっきり決まった日はなく、以下の3つの説があります。

12月31日の夜から1月1日にかけて見る夢
1月1日の夜から1月2日にかけて見る夢
1月2日の夜から1月3日に掛けてみる夢

江戸時代に、これらの3つの説が現れましが、
12月31日の夜は、大晦日だから寝ない人が多いということで、
1月1日の夜1月2日の夜に見る夢を初夢とする説が有力と言われています。

初夢で縁起の良いものと言われるもの

初夢に見るものとして、縁起の良いと言われている有名なのものは、
一般的に一富士二鷹三茄(いちふじにたかさんなすび)と呼ばれています。

なぜ、富士山、鷹、なすが良いのかというのは、いくつかの説があります。

富士:日本一高くて大きいから
鷹:賢くて強い鳥だから。つかみ取るという意味もある。
なす:”成す”という意味を表すから

という由来もあれば、徳川家康が、富士山、鷹狩り、初物の茄子を好んだから
という説もあります。

 

一富士二鷹三茄子の続き、四番目以降もある

一富士二鷹三茄子の後には、四番目以降もあるという話が、いろいろあり、
それは、地域などによって違っています。

例えば、一富士二鷹三茄子に呼応して、
四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう)と呼ばれることがあります。

四番目が扇⇒末広がりなので、子孫繁栄を表す
五番目が煙草⇒煙草の煙は、上に上がっていくので
運気が上昇していく。

六番目が座頭(剃髪した盲目の按摩師)
⇒頭に毛がないので、怪我がない、安全に暮らせる

という意味があるそうです。

他にも、四番目が、五番目が火事という説もあります。

 

初夢で縁起の悪そうな夢を見ると、やっぱり良くないの?

その一方で
「初夢で変な夢を見てしまった」とか
「初夢でうなされてしまった」という
経験をして、不安になる人もいるかもしれません。

でも、夢には、正夢(まさゆめ)という現実になる夢もあれば、
逆夢(さかゆめ)という、実際は、逆の事が起こると言われる夢もあります。

なので、悪い初夢をみたら、
「これは、逆夢なんだ」とポジティブに考えていきましょう。

 

そもそも夢で茄子を見た人っているの?

でも、私は、個人的に素朴な疑問をずっと持っていたのですが、
そもそも、夢で茄子を見た人っているんですか?

もちろん、
大晦日に茄子を腹いっぱい食い過ぎた人や
茄子の栽培をしている農家の人は、茄子の夢を見るかもしれません。

鷹を飼っている動物園の飼育員の方とか、
鷹マニアの方は、鷹の夢を見るかもしれません。

富士山の近くに住んでいる人や、
富士山によく登る人は、富士山の夢を見るかもしれません。

 

私も、一富士二鷹三茄子の話を子供の頃、聞いて、それ以来、
そういった夢を見ようと努力したこともありましたが、初夢の時はおろか、
普段の日でも、富士山、鷹、茄子にお目に掛かったことがありません。

だから、普通の人にとって、初夢で見る夢なんて、
どーでも良いと思っています。

 

ただ・・・

実際の生活と関連している夢を見る人もいます。

たとえば、私の妻は、子供が生まれる前に、
そのことを暗示するような夢を結構見ています。

なので、妻が、「こうこう、こういう夢を見た」という話をすると、
結構、信じてしまいます^^;

(ちなみに意味のある夢を見る人は、
夢の内容をはっきり覚えているケースが多いようです)

 

しかし・・・

一般の人にとって、夢は、その人の人生とまったく関係ないと思っています。
ですので、夢を見て一喜一憂せずに、どんな夢を見ても、もし気になるようであれば、
良い夢⇒正夢
悪い夢⇒逆夢

だと思うようにして、前向きにがんばっていくことをオススメいたします。

 

スポンサードリンク