換気扇の電気代は意外と高い?1日中つけっ放しだとヤバイ?

スポンサード リンク

我が家では、いろいろ事情があって、換気扇をつけっ放しにしています。

でも、換気扇の電気代って、どれくらいなんでしょうか?

つけっ放しだといろいろ気になってしまうものですし・・・

やっぱり扇風機と同じぐらい・・・!?

そこで、具体的に換気扇の電気代いくらなのか整理してみました。

nakisen

まずは、ワット数を確認

換気扇の電気代を計算する上で、重要になってくるのはワット数です。

こちらのサイトに、換気扇のタイプ別の電気代が書いてあります。

プロペラファンタイプ(昔からあるタイプです)
25W(羽根が25cmタイプの場合)

レンジフードファン(箱型の覆いの内部に付けられた換気扇です)
30W~50W(弱の場合)

天井埋め込みタイプ、バイブ用のファン
(お風呂やトイレでよく使われる小さいタイプの換気扇です)
2~3W

換気扇の電気代を計算してみよう

ワット数が分かれば、次は、換気扇の電気代を計算してみましょう。

電気代の計算方法は、

消費電力(W)x 1日に使用時間(時間) x日数(日)x 1kWhの単価(円)

で計算が出来ます。

1kWhというのは、1000Wの電気を1時間使った場合の電気代で、全国平均は22円となっています。

ちなみに、こちらのサイトを見れば、簡単に計算をすることが可能です。

実際に、24時間、換気扇をつけっ放しにした場合における1ヶ月(30日間)の換気扇の電気代を計算をしてみると・・・

プロペラファンタイプ:約396円
レンジフードファン:約475~792円
天井埋め込みタイプ、バイブ用のファン:約32~48円

という計算になります。

スポンサード リンク

こうやって見てみると、

トイレや浴室の小さいタイプの換気扇の電気代は、恐れずに足らず

台所の電気代も、タイプによっては、少し高いのかもしれないけれども、基本的には大丈夫

という感じになりますね。

エアコンや扇風機と比較してみよう

ちなみに、エアコンや扇風機の場合だと、換気扇の電気代と比べてどうなるのでしょうか。

エアコンの場合は、稼働時とそうでない時の差があるのですが、平均的には500kW(6~9畳用)ぐらいになります。

(ただし、メーカーによっても違いますし、これは、あくまでもざっくりとした計算で、参考程度にして下さい)

同じように、1日中つけっ放しにした場合の電気代を計算してみると、

1ヶ月 7,920円

扇風機の場合は、消費電力が、30W~50Wぐらいということで計算すると、

1ヶ月 475~792円

となるので、別に問題はないということになります。

(扇風機の場合は、換気扇に比べて羽が大きいので、その分、少し電気代が高めになるという感じですね^^)

ちなみに、11月9日は換気の日です。

(“いい(11)空(9)気の日”という語呂合わせで、決まったそうです。)

換気扇は電気代もそれほど掛からないですし、普段から換気に心がけながら、新鮮な空気を吸っていければいいですね!

スポンサードリンク



サブコンテンツ

ブログランキングに参加しています。

このページの先頭へ